住みやすい家を手に入れる為に!マンション工事を取り入れませんか

サイトマップ

工事中

マンションの大規模修繕工事を初めて行いたいと考える方に

集合住宅の窓

マンションの築年数が10年も経つと、大規模なマンション工事を考える時期になります。マンション工事を行いたいと思ったら、まず確認しなければならないのは、修繕積立金の残高です。
毎月、マンションの区分所有者が積み立てる修繕積立金は、マンションが新築された時に、将来に予定される大規模なマンション工事代金を予測して計算されているのが通常です。
しかし、マンションの区分所有者の中に、修繕積立金を払わない人がいて、その人数が多かったり、長期に渡って未納のままだとすると、修繕積立金の残高が低く、大規模なマンション工事代金を払えなくなり、工事の発注ができなくなりかねません。また、たとえ未納者がいなかったとしても、マンションが新築だった10年以上前と今現在とでは、人件費が高くなったり、工事の方法が変わったりするなど、事情の変更がありますから、修繕積立金だけでは、当初予定された工事全てを発注することができないことも起こりえます。
その場合には、マンション工事を遅らせるよりも、工事の範囲を縮小してでも、予定通り行うほうが望ましいと言えます。なぜなら、マンションの雨や風にさらされる外壁と屋上は、人が気づかないうちに劣化が進み、年数が経つほど、その修繕工事代金がかさむからです。初めての大規模修繕工事は、少なくとも外壁塗装と屋上防水工事はしておくほうが、長期的なマンション管理の観点からおすすめです。

必要不可欠なマンションの修繕工事

街中を自動車で走っていると、よくマンション工事見かけることがあります。そのマンション工事は、新しく建築しているマンションや修繕を行っているマンションです。新築だったマンションもいずれ、経年に伴い徐々に劣化していくため修繕が必要になります。そのため分譲マンションなどでは、建物の老朽化で不具合が起きないように大規模修繕工事を行います。この大規模修繕工事はマンションごとに、一定の年数で計画的に行います。
大掛かりな工事になるため、工事費は高額になります。そこで工事費を捻出するため住民で積み立てを行い、その積立金を修繕費に充当し工事を行います。修繕工事の内容は、劣化や不具合が発生した建物、設備などの部分を取り換え修理を行います。具体的には、外壁の補修工事、屋上の防水工事、給水・排水管の取替えなどです。マンション工事での修繕目的は、応急処置ではなく建設当時までのレベルまで回復させることです。
これによりマンションの機能や性能を回復させ、マンションの住民が支障なく利用できるようにします。しかし修繕工事を行う場合、トラブルもあるようです。たとえば、工事中の騒音や臭い、プライバシー面の問題などです。しかし、マンション住民が末永く、安心して生活するための修繕工事です。
事前の対策でトラブル回避に努め、スムーズに工事が行われることが望ましいと思います。

マンション工事や修繕時のチェックポイント

マンション工事の際に最も重要なのが、どの範囲までが工事対象なのかという事です。例えば内装に強い工事業者の場合、見えるところや外装のみを工事して、水回りや壁内配管などを十分チェックせずに仕上げてしまうことがあります。
大規模な修繕を行うマンション工事の場合は、必ず壁内配管や構造に関しての調査を行ってもらい、写真などで改善前と改善後をしっかりと報告してもらうことが重要です。また、マンション工事を請け負う会社には、請け負うだけで後は下請け会社に丸投げし、予め打ち合わせした事を上手く共有できていないケースもありますので、必ずどこが工事を実際に施工するのかも聞きましょう。
簡単な内装工事や修繕の場合は、特にトラブルが付き物です。クロスの張り替えだけなのか、枕木やコンセントカバー、窓枠までも交換してもらえるのかで工事後の印象がガラリと変わります。漠然と内装工事で目に見えるところは新しくなると思っていると、クロス以外は古いままで全く新しくなっていないというような印象を抱く結果となりかねません。
「当然ここは変えてくれるよね」ではなく、細かい部分までしっかり打ち合わせすることが大切です。細かい打ち合わせに付き合い、提案してくれる業者であれば信頼できる業者さんです。


大規模なマンション工事にも対応している工事業者【株式会社栄光】に依頼してみてはいかがでしょうか?施工実績が豊富なので安心してお任せすることができます。

CONTENTS