住みやすい家を手に入れる為に!マンション工事を取り入れませんか

サイトマップ

工事中

マンションの修繕工事で知りたいポイント

マンション経営に踏み出して数年経過した方に出てくるお悩みがマンション工事の一つ「修繕工事」です。国土交通省が紹介しているガイドラインに沿うと、マンションの共用部分は安心安全で快適な居住環境の確保・資産価値の維持のために、12年、15年、30年といった周期で修繕工事を行う必要があるとされています。このマンション工事は大掛かりなものなので「大規模修繕工事」と呼ばれています。
この大規模修繕工事で注意しなければいけないポイントは、3つあります。まず、本当に修繕が必要な箇所はどこなのかをはっきりさせることです。目についた部分をかたっぱしから修繕していくととんでもない高額になってしまいます。次に、住民の意見を確認し、どこを修繕していくのか合意を得ることです。マンションの修繕には、住民から毎月徴収している修繕積立金から支払われます。このため、修繕費が住民の納得のいく使われ方がされていないと判断された場合や追加費用が発生してしまった場合には、すぐに解決できないトラブルになってしまいます。最後に、修繕のために立てた計画を定期的に見直していくことが重要です。
マンション工事は、規模によって差がありますが、1日2日で終わるものではありません。工事が長期化するにしたがって、マンションの状況も少しづつ変化していきます。そのマンションが本当に必要としている修繕を余計なコストをかけずに修繕することが重要です。 

CONTENTS